休暇の名前は「インプットホリデー」電通が週休三日制度を導入

電通 週休3日導入へ

若手社員の過労死問題で話題になった大手広告代理店「電通」が週休3日制度を導入。休暇の名称はインプットホリデー。全社一斉休暇を導入するとの事です。

共同通信の記事

電通は16日、平日に全社一斉に休暇を取得する「インプットホリデー」を6月から試験導入すると発表した。月に1回、週休3日となる。違法残業事件を受けた働き方の見直しの一環。家族と一緒に過ごしたり、自己啓発に努めたりする時間を想定する。

毎月の第2週か第3週の水曜か金曜が該当日で、現時点では6月から12月まで実施する予定。来年以降も継続するかは試験を踏まえて検討する。電通本体の約7千人が対象となる。グループ会社にも参考にしてもらう。

また、出社後にパソコンにログインして心理学を応用した質問に答えると、自分の体調が分かる仕組みも導入した。

参照URL

https://this.kiji.is/358620301031949409?c=39550187727945729

編集部コメント

テンミリオンズスタッフの友人にも電通の営業マンがいますが、過労死問題を機に、確かに勤務時間数は短くなったらしいです。ただ、社内飲み会やクライアントとの接待は変わらず多いようで業務終了後のイベントが遅くまで続き、帰宅時間は以前とあまり変わらないと言っていました(もちろん部署によって状況は違うと思いますが)。

広告代理店は外部業者(グループ含む)、メディア、クライアント等の仲介的役割を担い、それぞれの立場や都合を加味して様々な調整業務を行う仕事なので、電通の都合だけで一律に休暇を設ける事に関しては賛否両論ありそうです。2018年12月までの試験的導入のようなので、制度として根付くか注目が集まりそうです。

-----

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事